スポンサーリンク
心理的虐待、ネグレクト、マルトリートメント 毒親

親を愛すな!!!

親は愛するものじゃなく、愛されるもの 心理的虐待、ネグレクト、マルトリートメント
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

ちょっと自作の心理テストにお付き合いください。

・あなたは「親を愛すべきだ」と思っていますか?

・あなたは親孝行な子供だ、と自分で思いますか?

・あなた自身に、他人を信用できないとか、傷つきやすいという特徴がありますか?

・病院でもなかなか治らない不思議な持病がありますか?

このブログに来てくださっている方は、

意識はしていないし記憶にもないけれど、小児期トラウマを抱えていると思います。

かくいう私も、一月前まで

「私は親に愛されたし、私は親を愛している、普通の家庭の子だ」

なんてお気楽に思っていたのですから。

友達にも本当に多いんですよね、トラウマティックな人って。

加藤諦三先生によれば

「親子逆転」している親は、子供を承認欲求の手段としてサディスティックに利用している

そうです。まさに我が家にぴったりな言葉です。

さて、この四つの質問は、親子間のトラウマがあるかどうかの質問でした。

前半二つ、後半二つで、それぞれ一つ以上当てはまったら、多分お仲間です。

HSP(ハイリーセンシティブパーソン、敏感な人)は

半分以上の人が親からのストレスにより、安心安全が奪われている結果だと思います。

そういう方は、矛盾した欲求の間で板挟みになっています。

良い子の自分「親を愛さなきゃ、親孝行しなきゃ、良い人でいなきゃ」

本当の自分「親は私を『愛』『しつけ』と言って傷つけた。自由になりたい」

大抵の場合、頭では良い子や良い人になろうとして、

身体が「もう限界、むり!」と抵抗しています。

こういう場合は、身体の不調を「本当の自分のサインだ」と思っていただきたいです。

めまいとか、パニックとか、頭痛とか、吐き気とか、色んな「不定愁訴」がありますが

まずは「○○すべき」を一旦脇に置いて、

冷静に自分が何をしたいのか感じ、メモ帳に書き出してみてください。

多分、理想と現実が矛盾していると思います。

私の場合をご参考まで書いておきます。

<なんかおかしい気がするけど、ついやってしまう「すべき思考」>

感情は表に出してはならない

人に頼ってはいけないし、甘えてもいけない、依存は絶対にダメ、全部自分でやる

ルールは絶対に守る、例え人が見ていなくても

私は変わっていておかしい人間で親に迷惑をかけるから、親に感謝しなければならない

<本当の自分の声>

感情を出すことを禁じられていただけだよ、感情出したいよう

普通に人間関係作りたいよ、頼れない甘えられないのは親だけだよ

社会の人は適度にルールを守ってるよ、親だって破ってたよ、自分を許そうよ

変わっていたのは親だよ、もともと発達障害だったんじゃなくて、虐待で脳がスカスカなんだよ

こう思えるのに三十年以上かかってしまいましたが^^;

自分らしくしていて出来ることは、「○○すべき」「ねばならない」とは思わなくても出来ています。

「すべき」と思わないと出来ないことは、後から押しつけられた価値観です。

生まれた瞬間には持っていなかったし、健全に育ててもらえていたら身に付けなかった価値観です。

自分では思いつくのは難しいので

・親しい人(家族以外の友人やパートナー、恋人)

・先生、上司

にさりげなく聞いてみてください。

他人に聞くのは恥ずかしい方は

・人生で言われて傷ついた/意外だった、悪口、指摘、注意の内容

を思い出してみると、自分の矛盾した価値観に気づけます。

私の例では、小学生の時に「計算高い」と言われて驚いたことがありました。

母には計算高さで到底及ばないと思っていて、自分は計算高くないと思っていたからです。

でも、それは使えるスキルではあるので、

「計算高さ」という特技は、ビジネスや交渉だけで使うようにしています。

なんでこんなことを書くかというと、

追い詰められた時、人間は「やられて嫌だったこと」を関係ない人にやり返してしまいます。

結局、自己嫌悪に襲われたり、その相手に嫌われたりして、

また何度でも自分を傷つけてしまいます。

だから、今止めなければ、余裕がなくなるとすぐに悪い癖が出ます。

この一連の成長をする上で、一番邪魔なのは

「親(自分を縛ってきた人)を愛さなければならない」

という余計な考えです。

急にではなく、少しずつ薄めていくことです。

毒親対処のはじめの一歩ですね。

文庫本でとても読みやすく、虐待とまで行かない方にも読んでいただきたいです^^


コメント

タイトルとURLをコピーしました