スポンサーリンク
「治らない病」克服日記 トラウマ(PTSD、PTG) 分析記事(病気、虐待、自己愛) 愛着障害(D型 無秩序型、不安+回避) 毒親 病識を持つ 身体的病気とトラウマ

何も信じられない状態で「自分を変える方法」【実録・小児期トラウマ治療5】

PTGを目指し続ける 「治らない病」克服日記
何も信じられない孤独な人こそ、科学的に自己変革すべし
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

私が命をかけて守ってきた「家族」は、実はとんでもない機能不全家族であり、

優しいお母さんは、私を30年以上搾取し寄生するサイコパスだと気づいた時、

もはや私はなにも信じられなくなっていました。

帰るべき家も、「戻るべきありのままの自分」も無い。

その時、救いの手を差し伸べてくれたのは、「遺伝子という記憶」でした。

スポンサーリンク

もう、遺伝子しか信じられない

自分の主観に囚われて、すわ鬱転かと思われるほどに追い込まれたとき、

私がすがったのは、やっぱり科学だった。

少し前にやっていた遺伝子性格診断を引っ張り出してきて、夢中で読み解いた。

脳のMRI画像データも素人ながら勉強して一生懸命分析した。

ここでは、遺伝子診断から一生懸命に「還るべき安全な場所」を探る必死さが伝われば幸いだ。

無理をしている性格と、自然な個性を伸ばせた性格の切り分け(3月7日)

遺伝子診断で分かった細かい項目を読み解くことで

「トラウマ」「虐待」「機能不全家族」という要因を排除した

遺伝子上に書き込まれた「ありのままの自分のプロフィール」を書き出してみた。

・外向性が非常に高い。対人関係が大好きで、人の集まるところに出ていくのが大好き。遺伝子的には最高レベルに高い。次いで、開放性、神経症傾向、協調性、勤勉性と続く。

・夢に向かって、倫理観高く、リスクを恐れず、ポジティブに、外向的に、意思の力と行動力で向かっていく

・チャレンジとアイディアが大好物。新しい刺激が無いと枯れてしまう

・幸福感は高いがセンチメンタルな恋が好きで、パートナーとの交流を求めるタイプ

・友達とは協調的にやっているが、怒りや嫌悪を感じやすく、価値観の似たタイプと行動する

・協調性は平均レベルに持っているものの、外向性が高すぎて協調性とのギャップがある。チームワークで仲良くというよりは、個人プレーで社会の中心に出ていきたい欲求が強い

・脳の処理スピードが速めなので、成績は良いほうで、似たような人とそばに居たがる

・恐怖やストレスを感じづらいので、どんどん前に進んでいく

 

・一方、「新しもの好き」や衝動性は低く、疎外感を感じづらいので、一人でも大丈夫

・勤勉性が低いので、努力を嫌ったり、サボったり、無計画になりがち。意義が分からないと投げ出したくなる

・神経症傾向はちょうどいいところ

生まれつきの性格と作られた性格

自分の生まれつきの武器が分かったことで、伸ばすべき長所が見つかっただけでなく、

「遺伝だから」と諦められる点が見つかった。

「無理している」ところを把握することができた。

つまり、ストレッサーを詳細に把握することが可能になったのだ。

その上で、性格の凸凹をどう「後天的努力で」いまから均していくか、以下の結論を得た。

・無理をしていないところ――外向性、協調性

・無理をしているところ――勤勉性>神経症傾向>開放性

勤勉性の欠落を、自己超越性と神経症傾向、好奇心で補ったのではないか?

<要改善>

・勤勉性――無理して上げている

親のしつけのたまもの。勤勉性は無理してでも上げたほうが楽になれるので、このままで。

ただし、疲れが溜まってきたときは、あえてサボるのがストレスが溜まらなくていいかも?

・神経症傾向――状況的に上がっている

これは人並み(=メンタルが普通の人)レベルまで下げられる。修行すべし!

<とりあえずそのまま>

・開放性――楽しすぎて上がりっぱなし。知的好奇心は高め

・外向性――最高レベルの外交力。武器

・協調性――高すぎず低すぎない、ほどほどのチームワーク力

スポンサーリンク

遺伝子検査で進む道に自信が持てた

「勤勉さ」は無理しない範囲で、メンタルの弱さは克服しよう

初対面の人にいつも言われる「はっちさんは、優等生だね」という第一印象は、

自分で自分を苦しめる印象操作であることは分かった。

ただ「結果として勤勉である」こと自体は良いことなので、以下の方針が明確となった。

神経症傾向を下げるトレーニングをする!

心――認知の歪みやトラウマの解放

身体――自律神経プログラム(トラウマケア)、運動、ヨガ

心と体をつなげれば、自分の人生が生きられる!

誰も憎まず、誰も恨まず、自分で自分に出した答え

こうして、誰かのせいにしたり、恨んだり、憎んだり、復讐することなく、

私は安心安全に、かつ冷静に、科学的に、「還って良い場所」を一人で探し出した。

妙な主観は一切入れなかった。

どうやったら生きやすいか、検査結果を見ながら、ただ「仕分け」をしただけ。

これからの人生でさらに検証し、PDCAサイクルを回し、

フィットする性格を探す旅を続けていこうと思っている。

 

科学こそ、父が遺してくれた遺産

でももし、うちの親が科学者ではなくて、普通の文系サラリーマンだったらと思うと、ゾッとする。

今ごろ、占いを無限ループし、すべての判断をタロットに頼っていたかもしれない。

 

トラウマ解放には、「リソース(資源)」が非常に重要だと、先生はいつも言う。

それは助けてくれる周囲の人だったり、遺伝子レベルのことだったり、知識だったり色々だ。

私のリソースは、おそらく以下の3つだ。

遺伝子レベルでは「外向性」「情報処理が得意」「生命力が強い」

性格や人格レベルでは「自制心」「強い解離」

環境レベルでは「パートナーの理解」「科学的に対応する習慣」

 

このうち、「科学的に対応する習慣」は、どんなに孤独でリソースの少ない人でも出来る。

簡単に言えば、感情や思い込みに振り回されず、科学的を信じてみるというスキルだ。

自己愛性パーソナリティの人は、これが非常に苦手な傾向にある。だから助けにくい。

医者や科学者より「オレ理論」が正しいと主張し、チャンスを逃してしまうのだ。

 

でも多分、このホームページを見てくださっている方は、

親や友人のアドバイスは否定するかもしれないが、

遺伝子検査の結果ならば、「還るべき安全な場所」と信じられるのではないだろうか。

私は遺伝子検査会社の回し者ではないし、何の利害関係も無いと断言できるが、

「ジーンライフ マイセルフ」という1万円の検査キットで、私は救われた

 

恨んでも何も始まらないーー禅宗から学ぶ心構え

拙速に親と縁を切ったり、思い通りにならないからと八つ当たりしたりする

ヒステリックで自己コントロール不能な「ヤバイやつ」に堕ちるのは、

どうにも納得ができなかった。だってトラウマは私のせいじゃないし。

 

昨年、たまたまこの動画を見ていて、当時虐待サバイバーとは思っていなかったものの、

「虐待されたとはいえ、こんな生き方は嫌だな」と嫌悪感を抱いたのです。

そして、どう言うわけか、和尚さんの言う「対処法」を、自然と実践していたのでした。

寂圓寺徒然日記 2020.04.04「一夜賢者の偈」 より引用

過ぎ去れることを追うことなかれ。
いまだ来たらざることを念(おも)うことなかれ。

過去、そはすでに捨てられたり。
未来、そはいまだ到らざるなり。

されば、ただ現在するところのものを、
そのところにおいてよく観察すべし。

揺らぐことなく、動ずることなく、
見きわめ、ただ実践すべし。

ただ今日まさにすべきことを熱心になせ。
たれか明日死のあることを知らんや。

まことに、かの死の大軍と、
遭わずというは、あることなし。

よくかくのごとく見きわめたるものは、
心をこめ、昼夜おこたることなく実践せよ。

かくのごときを、一夜賢者といい、
また、心しずまれる者とはいうなり

PTSDとPTGの差ーー「現実主義」「有限性の認識」「実践主義」

PTSDとは、ポスト・トラウマティック・ストレス・ディスオーダー、

つまりトラウマストレスのせいで障害者になっている人のことだ。

動画の相談者さんはまさにPTSDだろう。

トラウマとハサミは使いよう。

上手く使えば、PTG(トラウマ後成長)に持っていける。

その際に、アドラーも仏教も説く「いまここ・現実>妄想」は重要だと思う。

 

これからトラウマ解放をされる方もたくさんいらっしゃると思う。

カウンセリングの先生の話では、私のように冷静で淡々としている患者は珍しいらしい。

一時的に取り乱すのは悪いことではないが、

引きこもりや障害になるほど取り乱すのは誰でも辛い。

どうか、恨むとか復讐するとか、感情に振り回されずに、

本当に還るべき自分を冷静に見定めて、安心してそこへ帰って行って欲しいと願う。

スポンサーリンク

解離して辛さをぶっ飛ばしている同志へ

さて、またキャラが交代してすみません。

ここでちょっとご注意いただきたいことがあります。

私の例は先生もビックリするような極端な例で、いわばトラウマの舟盛りです。

そして連載もまだまだ半分くらいしか書けていません。まだ続きます。

 

ただ、ここでどうしても言わせていただきたいのです!

トラウマ解放はそんなに怖いことじゃありません!

 

「あちゃー、結構ヤバイね」というレベルで、私ぐらいなので、全然大丈夫です。

解離の能力は使えるし、人格もいっぱいいたけれど統合されて「キャラ」くらいに落ち着くし、友達も仕事も変わらないし、

なによりあなたは悪くないんです。

安心して心と体を緩めてください。

 

「ありのまま」「還るべき場所」が分からなくて途方にくれている方に、

私の自己分析が少しでもお役に立てれば幸いです。

 

✨励みになるので押していただけたら嬉しいです(*´-`)

✨ 本ブログの参考文献&お役立ちグッズ紹介はコチラ✨

https://room.rakuten.co.jp/realptg/collections

✨ 私もカウンセラー登録してます!長引く病気・症状に。知識×実体験で寄り添います

HP読者様限定特価! 健康や家族のお悩み伺います (長引く病気・症状に。知識×実体験で寄り添います) | 元気になる方法・アドバイス | ココナラ
内容は「長引く病気・症状に。知識×実体験で寄り添います メンタル病、不定愁訴、自律神経、毒親、生き辛さ、DVモラハラ」と同じです。時間は1時間です。こちらはテキ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました