いじめ対策

発達障害、アスペ、ADHD、自己愛、人格障害のスペクトラム私論

発達障害は本人が気づいて適切なケアをしないと、尋常でなく「生きづらさ」を抱え、そこから自己愛性人格障害に流れてしまう現実があります。本人も親も病識を持って愛情を注げば、発達障害は「ちょっと変だけど、素直でいいひとだよね」という素敵な個性になりますが、本人も親も障害を否定して「普通の人間だ、オレは!」と興奮して生きていると、中年期以降無理が効かなくなると「毒」を撒き散らす人になりかねません。 当たり前ですが無理に無理を重ねることになり、 中年期以降に無理が効かなくなってきたことに苛立ち、
いじめ対策

自己愛性パーソナリティ障害の受け流し方

「相手を上げる」「自己愛憤怒されたら怒りを成長に変えてあげる」など、実践してきたテクニックをまとめました。うちは両親が違うタイプの自己愛で、ダブル自己愛の自己愛純粋培養で育ちました。大人になって自己愛性人格障害という言葉を知り、最近、親がその当事者だったと実感しました。モラハラ虐待親へ対処法として自然に身に付けた内容です。
雑文

名ばかり総合職"OL"のエレジー

働く女子の「活用」なんて全然嘘だ。女の総合職に求められるのは、一般職という事務のスペシャリストなみの事務遂行能力と、新規事業改革や何千万円のプロジェクトの「二足のわらじ」。どちらか片方では許されない。入社10年以上、かつ発達障害と学習障害に悩まされる私とて、事務職が仕事の過半数をしめる。どちらも求めるのは無理じゃないのか?

スポンサーリンク
いじめ対策

マスクで見分ける「付き合い方を考え直すべき人」

自己愛性パーソナリティ障害を見分ける方法と、なぜそんなに考え方が歪んでいって止まらないのか。元当事者として、両親が自己愛虐待加害者だった立場から考えます。「人格障害」レベルのナルシスト自己愛人間の見分け方、身体のメカニズム、心のメカニズム、なぜ被害者ポジションをとるの? なぜ負けを認めないの? 自己正当化する理由まで考察
はじめて来てくださった方へ

権威ある正確な「講義」で脳と心理の幸福学を学ぼう!

「地位材」と「非地位材」という言葉があります。モラハラDVいじめの自己愛虐待者は、基本的につねに「比べる」地位材にこだわります。だからいつも不幸で、どんなに金を稼いでもどんなに美男美女でもお洒落でも、決して一生満たされることがありません。リアルPTGが目指すのは「地位材からの脱出」です。幸福になるのは手軽ではないし、努力や地道なケアが必要で地味ですが、幸せ感が長持ちするし、お金もかからないし、他人にも恨まれません。
はじめて来てくださった方へ

病気とたたかう女子の「バスタイム活用法」

日々の生活に余裕がなくなってくると、一番疎かになるのが「お風呂時間」です。お風呂時間を削るデメリットは大きく二つあります。①身体を温め、ゆるめ、セルフチェックするチャンスを失うので、身体と心が発しているSOSやサインに気づけず、最悪の事態になるまで気づけなくなる。②洗顔やメイクオフ、ヘアケアが雑になることで、見た目に「疲れ」が出る。これによって、非常に重大な問題が生じます。
「治らない病」克服日記

病気とたたかう女子の「朝スキンケア」

美容が趣味。だけど美容誌特集は「健康的で肌が強い女子」向けの記事ばかり! ということで、体調不良女子専用のスキンケア情報を集めました。不健康だからこそ保湿を極め、目指せ内側から輝く生活
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました