機能不全家族

「治らない病」克服日記

【小児期トラウマと愛着障害】友達が子供をあやしていたら、意識を失った話

赤ちゃんの声を聞くうちに酩酊してゆく 人生初の経験で驚きました。 今日、昼休みに、友達と少し電話で話したのです。 たまたま7ヶ月の子供ちゃんをあやしながらの会話でした。 最初は普通に話せていたのに……。 徐々...
「治らない病」克服日記

父を30年以上「看取り続けた」ヤングケアラーとして

あまりにも激しいトラウマなので論理的に書くことは難しく、 散文的になることを予めお詫びしておきます。 生まれた時から、親に弱者マウンティングされてきた 私は多種多様なトラウマを経験しました。 トラウマなんて無い、と...
「治らない病」克服日記

「35歳の少女」が他人事じゃなさすぎる件

私も夜になると、ドラマの希美ちゃんをもっと子供にした感じになります。柴咲コウさんの熱演に勇気をもらった、凍りついた自分を解かして成長させているアラサー女の実話。

スポンサーリンク
「治らない病」克服日記

病識と「診断名探し」は違う アダルトチルドレンを救うには?

「病識」(insight)という概念が難しすぎて、 私たちはついつい「診断名探し」に躍起になってしまうということです。 今日、友達と話していて思ったのです。 この二つの違いは超重要なので、きちんと記事にしておこうと思います...
「治らない病」克服日記

普段は怒らない解離な私が、キレたサイコパスになる時

解離したあとの人格の中にサイコパスがいる人がいてもおかしくないです。
虐待とサイコパス化には因果関係が指摘されています。
私は常にサイコパスな訳ではないので、サイコパスの成り立ちについてまでは分かりませんが、
自分を守る人格たちの一つにそういう子がいるのは確かなのです。
「治らない病」克服日記

【対処法】自己愛性パーソナリティ親による、自己愛憤怒・しつけ(虐待)

行き過ぎたしつけは虐待です。自己愛の強い人は、しつけの名のもとに、子どもを人形やモノのように、思い通りに動かそうとします。しかも激しく、しつこく。リアルな体験ベースで分析する「悪いしつけ」とは?
「治らない病」克服日記

【病識への道・後半】複雑性PTSDという診断にたどり着くまでの30年間②

私の診断は、「双極性障害」「パニック障害」でした。解離と虚脱と過覚醒と低覚醒を行き来しながら何とか生き延び、「医者を信頼する」まで進みました。ここから一気に「自分なりの健康」にたどり着きました。病識を得るまで、約30年。病識を得て行動をはじめ、約6ヶ月。病識(異常性の正しい自己認識)の大切さが伝わることを祈ります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました