虐待

「治らない病」克服日記

毒親育ちだけど恨みは無い。虐待されて結果論良かったよ

私は医者やセラピストも公認の毒親育ち、 虐待サバイバー、トラウマサバイバーです。 でもね、一度も「毒親育ち」を恨んだことはないです。 毒親育ちだからこそ今があるし 面白い特殊な人生を送ることができました。 ...
心理的虐待、ネグレクト、マルトリートメント

毒母言行録「産みたくなかった」は子供に言うな!

「私は丸の内OLでモテまくってスキー行きまくり飲み会しまくりで人生が最高に楽しかったから、あなたの妊娠はお父さんが言うから仕方なくだったの。私は仕事続けたかったのに!」 我が家での母娘の会話は特殊だったようです。 少なく...
毒親

変わる意志の無い人・自閉・アスペ・虐待・カサンドラ

私は自閉スペクトラム症を持っています。 ただ、トラウマ性発達障害も持っているので、 発達障害といってもハイブリッド型で 自閉もADHDも学習障害もちょっとずつある感じです。 ややADHDが優勢で、次に学習障害、自閉は...
いじめ対策

マスクで見分ける「付き合い方を考え直すべき人」

自己愛性パーソナリティ障害を見分ける方法と、なぜそんなに考え方が歪んでいって止まらないのか。元当事者として、両親が自己愛虐待加害者だった立場から考えます。「人格障害」レベルのナルシスト自己愛人間の見分け方、身体のメカニズム、心のメカニズム、なぜ被害者ポジションをとるの? なぜ負けを認めないの? 自己正当化する理由まで考察
「治らない病」克服日記

「母親がサイコパスでした」良い子と毒親の葛藤【実録・小児期トラウマ治療4】

「自分を変えたいけれど、変えるのは怖い」と思う方へ。小児期トラウマを治そうとすると、予想だにしない自分と出会う恐怖と向き合うことになります。ほとんどの場合は、良い方向にいくだけで問題ないのですが、何十年もやってきた性格や身体の使い方を変えるのは誰だって抵抗があります。ちょうどコロナショックと時期が被り、不安と隣り合わせだったころの実録。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました